メイン

芽子にんにくは、にんにくの「りん片」を発芽させた、
ちょっと変わった美味しいにんにく。
においが残りにくいのが特長です。

芽子にんにくは安心・安全はもちろんのこと、「日本一の旨さをお客様に」を目標に
一粒一粒手間を惜しまず育てています。
にんにくの持つ旨みが凝縮された芽子にんにくは、従来のにんにくと比べて数段旨いと好評いただいています。

無農薬栽培

芽子にんにくは完全無農薬栽培です。
安心、安全はもちろん、より美味しく食べていただくために、栽培方法にこだわり丁寧に生産しています。

ミネラルたっぷり!驚きの栄養価

芽子にんにく1本(1粒)に、普通のにんにく1粒(りん片)の9倍、ほうれん草の3.6倍の鉄分が含まれています。
カルシウムも2倍以上と、とにかくミネラル豊富!詳しくはこちらをごらんください。

におわない

「にんにく」と言えば気になるのが食べたあとの「におい」。
芽子にんにくは、においが残りにくく、食べた次の日にはほとんど消えるため、
においが気になる方にも安心して食べていただけます。
(※体調、体質により多少の個人差がございます)

豊富な栄養成分

芽子にんにく1本(1粒)に、普通のにんにく1粒(りん片)の
9倍の鉄分が含まれています。
普通のにんにく1玉まるごとに含まれる鉄分より多いのです。

鉄分といえば思い浮かべる「ほうれん草」100g(約1束)と
比べても3.6倍になります。
その他カルシウムは8倍、亜鉛は4.5倍、マグネシウムは2倍以上と、
ミネラル豊富な「芽子にんにく」は、栄養を手軽に摂れる健康野菜です。

芽子にんにく1位にふくまれる鉄
主要必須ミネラル比較(栄養成分の含有量は可食部100g当たり)

疲労、冷え、不眠、食欲不振にうれしい成分

芽子にんにくには「スコルジン」と「アリシン」という成分が含まれています。
スコルジンには、体内の栄養素を燃焼させエネルギーに代える働きがあります。
また疲労を防止し、更年期特有の倦怠感を取り除くビタミンB1の働きを高める作用があります。
冷えや不眠の緩和にも効果的です。
アリシンには胃腸の働きを促進する作用があり、食欲不振時におすすめ。
体内の脂肪や糖質、タンパク質と結合して新しい物質をつくり、有効に機能します。
また強い抗菌作用があります。

スプラウト(発芽野菜)

発芽直後の野菜は、これから成長するためのさまざまなエネルギーを持っています。
成熟した野菜より多くの栄養素が凝縮されているのです。

にんにくは、がんを予防するデザイナーズフーズ

にんにくは米国国立がん研究所「デザイナーズフーズ計画」の発表で、
ガン予防効果の特に高い食品としてあげられています。
にんにくには健康を維持するために必要な有効成分がたくさん詰まっているのです。

水耕栽培

芽子にんにくは安心・安全はもちろんのこと、「日本一の旨さをお客様に」を目標にかかげ、栽培にとりくんでいます。
にんにく1玉をりん片(りんぺん)にバラし、一粒一粒手作業で皮を剥きます。
それを一粒ずつ植え込み、手をかけて栽培しています。
にんにくの持つ旨みが凝縮された芽子にんにくは、従来のにんにくと比べて数段旨いと好評いただいています。